究極のプレゼンとは~千葉市・木村屋の豆大福を購入しての考察

わかりやすく存在すること。 つまりプレゼンという行動をしなくても、存在するだけでプレゼンになっていること。 千葉市で創業昭和7年の老舗・木村屋さんで「豆大福」を購入しました。とある場所へ和菓子を差し入れるためですがお店選びは即決。こんな風に顧客が行動するのは、プレゼンやマーケティングの視点で理想的だ…