日曜美術館「ワイエスの描きたかったアメリカ」クリスティーナの世界

クリスティーナの世界は、アンドリュー・ワイエスが1948年に描いたテンペラ画。 20世紀中期の最も有名なアメリカの絵画の1つです。 樹木の無い殆どが黄褐色の草原に覆われた地面に横たわり、地平線に見える灰色の家や隣接する小さい離れ、納屋を見上げる女性が描かれています。 描かれている女性は、アンナ・クリスティー…