相続について 代襲と特別受益

代襲相続とは? 相続の時、子供が死亡していたり、廃除・結核のために相続権を失ったときなどはその子が親に代わって相続をします。被相続人の配偶者や直系尊属(父母や祖父母など)が死亡や欠けていても代襲はありません。代襲が起きるのは①死亡 ②廃除 ③欠格 により相続人が欠けた場合だけで、相続放棄は代襲は起きません…