生命保険を利用した相続税対策 未成年や養子の相続問題 

未成年者が相続する場合の特別代理人 夫が事故や病気で若くして亡くなり、まだ子供が未成年という場合、遺産分割をするには、その未成年の子の「特別代理人」が必要になります。 通常未成年の子供の場合、親が親権者として子供の財産に関する法律上の行為の法定代理人となっていますが、この例のようにその子の父親が急死…