「家族ゲーム」 1983

松田優作の存在感が際立つ作品。特に大声を出すわけでもなく派手なアクションをするわけでもなくほとんど淡々と喋っているだけなのにその存在感は圧倒的。 学校の職員室での威圧的な教師とのやりとりは圧巻。言葉遣いは丁寧なのに何かのきっかけでとんでもないことが起こりそうな雰囲気を漂わせていた。 向き合わない家族…