「素晴らしき哉、人生!」 1946

★★★★☆ 小さな田舎町を出て大きな成功を夢見る青年は、様々なしがらみの中でいつまでも町を出られずにいた。 何とも切ない気持ちになる。大きな夢を持ち、そしてそれを叶えられそうな青年が、いつまでもその出発地点に立てずにいる。そしてそんな状況の中で町のために尽くしている。町にとっては良い事だが、本人にとっては…