「A3」 2010

★★★★☆ 一連のオウム真理教の事件について追ったノンフィクション。 表現が適切かどうかわからないが、面白くてこの分厚い本を一気に読んでしまった。自分の中で理解していたあの事件のストーリーが、別の物語として浮き上がってくる。 最近良く聞く「忖度」という言葉がこの本の中でもよく出てくる。「忖度」して何が悪い…