【書評】AIというフィルターがあぶりだすもの『東大生となった君へ 真のエリートへの道 』

“東大生”、“エリート”このワードに対しどんなイメージを持つでしょうか?本書の第三話のタイトルは「東大生の半分が失業する時代が来る」です。 各ワードから連想させるのは”情報処理能力だけが高い東大生はAIに代替される“ということだと思います。そして、どのような能力があれば生き残っていけるのか?そういう視点にな…