石油はこれから「正味エネルギー」が急減する 採掘の複雑・高度化が示唆する石油経済の早期終焉

原油の「正味エネルギー供給量」が2000年以降、急減している。この事実は、2008年の油価高騰や2000年以降の先進国の成長鈍化と無縁ではない。エネルギー環境は急速に変化している。これまでの延長で経済を論じることは難しくなりつつある。