「がん検診」運用ルールは100点ではない 正しいルールを模索し続けることが社会の課題

医学の進歩によってごく小さな病変や、良性なのか悪性なのかはっきりしない「境界病変」が多数見つかるようになっている。境界病変の境界線を、がんとそれ以外に明確に分けるのは極めて難しい。しかしだからといってがん健診が不要ということにはならない。