勃起障害(ED)になったら疑うべき病気とは? 日本のED患者数、約1130万人が注意すべきこと

日本の勃起障害(ED)患者数は約1130万人とも言われている。症状が出た時、何よりも注意したいのが、その裏側にほかの病気が潜んでいないかということだ。EDの症状が出たら、どんな病気に気を付けるべきなのか、解説する。