トップページ

知覧の領主は遠く昔1760年頃、現在の南九州市役所付近を中心として各屋敷を防衛障壁となすよう工夫しました。現在の武家屋敷群はその一部です。庭はその当時京都から同道してきた庭師に作庭させたとも伝えられています。今に残る漉さん水枯山水の伝統美と時代の息吹を感じさせてくれます。