Twitter懸賞にbotで挑んでみる:下調べ編

これ書いてから「懸賞垢」というものがそもそもあまり好かれるものではないのに自動化までしたらさらに良く思われなさそうな気がしてきた 嫌な人はブラウザバックしましょう