死にそうにもう、嫌だなと思ったときに見えてきたもの

生きていたら、誰でもあるのが 「もう、いいや、どうにでもなればいい」 そういう気持ちになることだと思います。 …