野球大会編 第三章 黒の蝶にて

――大蟹の月22日、クレス王国黒の蝶。 ミネルヴァはクレス王からの招待状を見ていた。黒の蝶側より数名選手を用意して欲しいという要請があったからだ。「んーどうしようかしらねぇ……。ウグイス嬢もこちらで手配してほしいとのことだけど。」 ミネルヴァは思案する。金貨にして300枚の大仕事が待っているのだ。下手なことは…