寛容のジレンマ | 社会の風景 | DanceLip.com

「仏の顔も三度」という格言があるが、これは、どんなに情け深い人でも度々酷いことをされればついには怒る。許してやれるのも限度がある。という意味であるが、 自称パリスは、