本気の自己紹介

2014年12月某日。 肌寒くなり始めた学校終わり、 コンビニまでの道中、 高くとも何ともない点数で入れた学校で、 勉強もせず、 昼登校ばかりで、 卒業も危ない、 クズ呼ばわりされる、 友達 学校の先生 親にまで諦められていた最底辺高校生の僕は、 第一志望大学からの合格通知を受け取った。