神社本庁「恐怖政治」の実態、地方の大神社で全面戦争も

“お江戸”の大神社が6月、全国8万社の神社を束ねる「神社本庁」からの脱退を決定した。片や、地方では神社本庁と地元の“全面戦争”も勃発。本庁が強める「恐怖政治」の実態に迫る。