作品を養うものと批評―『もう卵は殺さない』の比喩から

ご無沙汰しています。現在まだ就職活動中ですが、そこからの逃避に何か書こうと思い立ったところです。 さて、ところで私は、ここで何らかの作品をとりあげてべらべらと喋ったことはあまりありませんでした。前々回の記事くらいでしょうか。しかし実はと言うと、私はあるサークルのほうで(内輪の)小説の批評や良し悪しの…