ボツネタ供養:「クレーンゲームの歴史」後編(国内編)

当ブログ(PC版)のローディングに時間がかかるような気がするので、背景を変更してみました。 はじめに 前回は海外のクレーンゲームの歴史を記した。 eagle0wl.hatenadiary.jp今回は、日本のアミューズメント施設の顔役であり、商業的にも成功しているにも関わらず、文化的側面は軽視されている「日本の」クレーンゲーム…