選挙に行かない若者が投票するだけで、実はものすごいパワーになる

20代の約62%、30代の約50%が2012年の衆議院選挙で「投票しませんでした」。「投票なんか行っても意味がない」「世の中なんか変えられる訳がない」という意見も根強いですが、しかし本当にそうでしょうか?20〜30代の人口は約2,800万人、これに対して2012年の衆議院選挙で自民党が小選挙区で得た表は約2,500万票…