ネスレ日本のアフリエイト広告(カプセルコーヒーの広告)を貼り付けている理由

経済がグローバル化しているわけですから、ネスレ日本のコーヒー商品とエカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆ですが、当然の事、100%競合関係は存在しません。ネスレの珈琲商品とコーヒー豆自家焙煎店の珈琲商品の関係ですが、経済がグローバル化すれば「こうなる」という典型的なケースなのだと思います。