複数の銘柄コードをEasyLanguageで扱う方法(2)シンボルリスト選択ダイアログの利用

前回の続き。前回は配列で直接定義することで、複数の銘柄コードを扱う方法をご紹介しました。eltraders.hatenablog.com今回は『シンボルリスト』選択ダイアログを利用する方法についてご紹介します。 方法2:『シンボルリスト』選択ダイアログを利用 トレードステーションには『シンボルリスト』という機能があり、…