IrisのデータをXGBoostで解析してみる話(次回)

つまりなにしたの? せっかく導入したXGBoostがちゃんと使えるのか試すために、機械学習のHello Worldとも言えるIrisデータ(アヤメの花弁とかのデータ)を使ってアヤメの種類がどれだけ当てられるのか試してみた。特徴量の寄与度合いや木の可視化もしてみる。