解釈違いという名の魔物。

忙しくて頭が爆発しそう。。花璃です。今日は解釈違いについて書きます。解釈違いの厄介なところは、〜〜さんの〇〇とわたしの〇〇は解釈違いという風には分かるけれど、わたしの〇〇は〜〜さんの〇〇とは解釈違いって風には分からないってところかなと。解釈違いは、どうしても被害者風な捉え方で語られてしまう。だけど…