花火を見る前に是非読んでほしい!小説『ギンカムロ』を紹介する【美奈川護】

「花火には、二つしかない」 山頂から吹き降りてくる秋の風が、厳粛な空気の隙間を舐めるように吹いていた。 「一瞬で消えるか、永遠に残るか...その二つしかない」 (引用:ギンカムロ P7/美奈川護) どうもFGです。 冒頭部分が好きすぎて最初に持ってきてしまいました。 今回は花火をテーマにした小説、「美奈川護」さんの…