志賀直哉 『暗夜行路』

暗夜行路 ( 前篇 ) 、途中でちっと停滞したけれど、おおむね良好に読了しました。( ワタシが読んだ ) 筑摩現代文学大系20 には、前編しか入っておらず、後編読むなら、もう一冊買わないとならない。 買っちゃう? これ ↓ (ヤフオクで、1000円~40000円) 後編を読むか悩んでます。 暗夜行路は、志賀直哉が、1921年 ( 大正10…