第6回ゲスト:大沢在昌さん (前編)「どんな賞をもらっても、いざ書き始めたら、『いかに読者を楽しませるか』、それしか考えていない」(島地 勝彦) | 現代ビジネス | 講談社

島地: お久しぶりです。最後にあってから、かれこれ10年ぐらいになりますか。でも大沢先生と最初にお会いしたのは、もう30年近く前ですよね。 大沢: やめてくださいよ。何が「先生」ですよ。ずっと「大沢ッ!」と呼び捨てだったくせに。 島地: 今や大先生じゃないですか。「初版作家」といわれていた頃からのつ…