巨人新監督・高橋由伸の憂鬱〜イヤイヤ引き受けざるを得なかった全経緯(週刊現代)

爽やかな笑顔で去って行った前監督とは対照的に、新監督の表情は冴えない。断れないとわかっているが、かといって踏ん切りはついていない。そのうえ起きた不祥事。由伸の揺れる胸中を明かす。