もし「共謀罪」が成立したら、私たちはどうなるか【全国民必読】(高山 佳奈子)

4月6日午後、ついに衆院本会議で共謀罪法案が審議入りした。共謀罪とは、犯罪の未遂や予備よりも前の計画段階で処罰の対象とする犯罪類型である。なぜ与党は法改正を急ぐのか。そこにはある恐ろしい理由が考えられる。