前川・前事務次官の記者会見は、官僚目線で見れば「大失敗」だった(髙橋 洋一)

筆者の目から見れば前川氏の会見は、元官僚とは思えないほどのアラが目立つものだった。そして、何よりこの会見によって、加計学園問題の本質は、やはり新規参入推進の内閣府と、新規参入阻止の文科省の争いであることがより明確になったといえる。