東京大学で起こった、非常勤職員の「雇い止め争議」その内幕(田中 圭太郎)

日本の大学の雄である東京大学が、約8000人の非常勤教職員を5年で雇い止めする方針を、去る8月7日に開かれた組合との団体交渉で明確にした。このままでは、大半の非常勤教職員は2018年4月以降雇い止めされることになる可能性がある。