ゲームはいつから「人前でやっても恥ずかしくないもの」になったのか(熊代 亨)

ゲームが新しい娯楽として登場してから、40年あまりの歳月が流れました。この間、ゲームの内容や楽しまれ方は大きく変わり、それにつれて、ゲームという娯楽を受け止めた社会の側も、少しずつ変わっていきました。