「デジタル・レーニン主義」で中国経済が世界最先端におどり出た(津上 俊哉)

中国の新ビジネスの発展の基盤として世界的に騒がれているのはは単なるフィンテックの応用ではない。その本質は、ビッグデータの社会規模での事業インフラ化にある。これは人類の未来の先取りなのか、それともおぞましい「デジタル・レーニン主義」なのか。