ネット大炎上、シェアハウス盗難、相模原事件…「つながり」とは何か(小野 美由紀)

この時代、「つながり」とはいったい何なのか? 銭湯×シェアハウスを舞台にした小説『メゾン刻の湯』を上梓した作家の小野美由紀さんが、自身のシェアハウス生活を通じた経験・事件や相模原障害者施設殺傷事件などから、この社会におけるつながりを考察する。