nero編集長の井上由紀子が語る、表現者としての在り方。

「あくまでも音楽誌」と断言しながら、これまでの音楽誌にはない美しいヴィジュアルで、海外からも高い評価を得る『nero』。その記念すべき10号目の発売と同時に開催されたリリースパーティで、『nero』の編集長であり、音楽ライターとしても活躍する井上由紀子さんにお話を伺いました。節目を迎えたからこそ彼女がいま一…