極限での対話と交渉 〜東京電力社員の方に訊く、震災の物語 後編〜

直情に流されず、オープンでフラットに、震災について思考し、対話すること。この取り組み、私もできることを、やっていきたい。