Unity5で、ダメージ表示とヘルスバーを作成する – はじめてプログラム

前回、前々回で、Unity5で、ダメージ表示用のFloatingTextとlocalScaleを使ったライフバーを作成しました。また小さなBillboardスクリプトでカメラのほうに向くようにしました。これによりリアルタイム・ストラテジー・ゲームで使われるような表示が可能になりました。