ともだちがほしかった話

ともだちがほしい - 小 春 日 和 結局、不可能なのだ。環境、状況、そして自身。仮にそういう人が万一見つかったとして、出来ないだろう。だからこそ、今のような物理的・精神的な距離のままで進んでいるし、それが続いているのだと思う。分かっていることではあるから、尚更そういう思いが強く出たのだろうけれど。 ただ…