「宗教の時代」「国家の時代」「経済の時代」に続く、第4の時代への変革が始まっている(『先端技術のゆくえ』書評)(再掲)

『先端技術のゆくえ』は、異質のものだった「科学」と「技術」が20世紀後半に「科学技術」として融合し「技術の時代」をもたらすと予想した1987年の一冊。本書は宗教の時代・国家の時代・経済の時代も俯瞰していて、演繹的に「技術の時代」を予想。それは経済革命を経て、技術者が創造性を武器に絶対者として振る舞う未来…