丸山健志『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』

素晴らしい。まず生駒里奈というフィルムに愛される新たなミューズの登場を喜びたい。彼女が心理的にも身体的にも映画を常に振動させている。あの未知の引力は何だろう。前田敦子しかり、無自覚であるにも関わらず、どうしたって”センターライン”だとか”物語”を引き付けてしまう人間というのがいるのだ。 ここ数作のAKB48…