R で計算の実行時間を調べる

proc.time() でエポック秒が取得できるので、実行後の時刻から実行前の時刻を引き算すればよい。 具体的には、以下のように書ける。 t<-proc.time() sum<-0;for(i in 1:1000) for(j in 1:1000) sum<-sum+j #何らかの計算 proc.time()-t ユーザ システム 経過 0.79 0.03 0.83 関数の場合は system.time 関数で挟めば良いで…