僕が一番欲しかったもの 〜 人生の最後に聴きたい曲

家族と一緒に何気なく聴いていた CD のなかで、妙に心にひびくストーリーに出会った。 素敵なものを見つけても、自分より必要としている人に気がついて、それを譲ってしまう主人公。 1度だけでなく何度も何度もそんなことを繰り返し、ふと気がつくと自分には何も残っていない。 自嘲気味に嘆きたくなる気分で、今まで来た…