【書評】「拡大の時代としての戦後」を積極的に読む本(藤村龍至)──『団地図解』(篠沢健太・吉永健一 著)

本書では団地を2つの観点で読んでいる。ひとつは団地をアノニマスなアーキテクトによる「設計物」として、そしてもうひとつは「歴史」としてである。「団地」といっても本書が着目するのは…