A/Bテストを用いてCMの費用対効果を改善する

こんにちは。shobyです。 フリルでは定期的に全国でCMを放送しており、各CMの費用対効果を改善する必要が生じています。 CMを定期的に放送し続ける場合、PDCAを回しながら、CMの費用対効果を改善していくことができます。 今回は、CMの費用対効果改善のために、広告内容のA/Bテストを行う方法をご紹介します。