百億年かかっても解けない問題 巡回セールスマン問題と遺伝的アルゴリズム | JBpress(日本ビジネスプレス)

巡回セールスマン問題とは「セールスマンがいくつかの都市を1度ずつすべて訪問して出発点に戻ってくるときに、移動距離が最小になる経路」を求める問題のことで、組合わせ最適化問題の中でも有名な問題です。それはスーパーコンピューターを用いても最適解を求めることが困難だからです。