日本は移民政策が必要、労働力確保で中国に負ける可能性=河野担当相 | ロイター

河野太郎行政改革担当相は10日、ロイターのインタビューで、日本は人口減少に対応するため、総合的な移民政策を策定する必要がある、との考えを示した。さもなければ将来的に、外国人労働者の獲得競争で中国に負ける可能性があるとしている。安倍晋三首相は日本の出生率の引き上げを政策の優先課題と位置付け、人口問題…