プロを目指さないミュージシャンが陥りやすい状態

既に社会人としてきちんと働いている、あるいはそのために勉強しており、就職もかたい、というプロを目指さないミュージシャンは、しばしば手段が目的となってちまいがちです。 例えば、アドリブのあるアプローチを学びたいという人いるとします。 当然、そのアプローチを使って何をどう弾きたいのかという話になるのです…