身体操作は「できた」か「できない」かではかるものではない

身体操作またはそれに準じたトピックについて、「できた」「できない」の二元論で語っている人がよくいます。 これは大きな間違いです。 何が間違いかというと、一度「できた」ならそこで完成だと思っている点です。 例えば、エレキギターのピッキングでよく取りざたされる親指の屈伸で考えてみましょう。 多くの人はこれ…