楽器の身体操作で、歴の浅い人が勘違いしていること

楽器の演奏における身体操作について、歴の浅い人が勘違いしていることがあります。 それは、一度できるようになった事はその後ずっとできている、という思い込みです。 例えば、前腕の回転という動きで見てみましょう。 前腕の回転がまだ使えない人は、「できる」を目指して訓練します。 そしてそれが「できる」ようにな…